話しかけるな!と言われたら

連休明けに病院受診した。

息子は薬が合っているようで、朝夜の薬を間違って飲むようなことがなければ((‘◇’)ゞ 空笑や独り言はあるものの、妄想の世界に一日中どっぷり浸るようなことはなくなっている。

なのでまあこのまま様子を見ていって、薬が身体になじんできたら少しずつ妄想であることに気が付いていくかな~。。。なんて思ってはいるのだけれど、気になることもある。それは、「うざい」「話しかけるな!」と言うような言動。高EEにならないように気を付けてはいるけれど、、、。

この言動の酷さは、連休の最終日から始まった。明日から大学と言う前日の夕方、突然テニスをやろうと言い出した息子。最初は家の前の道で小さくやっていたのだけれど、テニスコートでやりたいと言うので市のテニスコートへ。そこで1時間ほど二人でテニスをする。その時の息子は、「かあさん、疲れてない?」とか「そろそろやめようか?」など私の体力を気遣ってくれる感じだったのだけれど。

翌日の朝から息子の「うざい!」「話しかけるな!!」という言動が激しくなる。前日運動して疲れたからかな?大学始まるから不安感とか強くなってるのかな?とか考えたけれど、以来その態度が続いている。

そんな中での病院受診。

診察中に主治医のいつもの「どう?」に対して、「こいつがウザいんですけど」と私のことを話し出した。「何?お母さん、いろいろ言うのか~」と主治医も息子の話を聞いてくれる感じ。長くは話さないものの「俺にだけ話しかけてくる!」など息子のイライラ感が伝わってくる。すると主治医は、「それじゃあちょっとお母さん叱っとくから待合室で待ってて」と言って私と二人で話す時間を作ってくれた。

主治医に、「連休中はずっと落ち着いていたんですけど、大学始まる前日からあんな感じなんです。」と話す。今後どんな様子になったら病院受診した方がよいかを聞くと、「ああいった態度がお母さんだけでなく誰にでも現れるようになったらすぐに来てください」と。そして、こういった状態の時は何を言っても無駄だから「はいはい、ごめんごめん」って言っておくようにと教えていただいた。

連休中の落ち着いていた時のことを考えると、このイライラした発言は症状の一つなのだなと思える。思いかえせば発症してからこういった突然のイライラ発言はたまにあり、発症からの年数が経つにつれ減ってきていたように思う。再燃したのだから、また同じような症状が出てもおかしくない。しばらく様子を見ることにした。

〈お知らせ〉

ブログのお引越し

“子どもが統合失調症になった!母の日々”を読んでいただきありがとうございます。

ただいまこちらから、”子どもが精神病になった!母の日々”へと記録を移そうと思っています。

子どもが精神病になった!母の日々 | 子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです
子どもが統合失調症やうつ病などの精神疾患になってしまった母の日々のブログです

これからもがんばります。よろしくお願いします。

コメント