子どもが笑っていたら

前にも書いたかなと思いますが、
子どもが笑っていたら、私は幸せなんだなと思います。
ポジティブに、幸せに向かうぞ~って思ってここまで来ました。
仕事がとても順調でも、子どもが辛そうだったり、先が見えなかったり、笑顔のない日々を送っていたら、
私はちっとも嬉しくないし、幸せな気持ちになれません。

逆に、大変な事が自分の身に降り掛かったとしても、
子どもが、笑顔で楽しそうに日々を過ごしていてくれたら、
私は幸せなんだな〜と。
そして、子どもが幸せで、始めて自分の幸せを考える余裕が生まれるのだなと、
そう思います。

そう気づいたのは、三男が大学入試で希望大学の一次試験を通過した辺りからです。
まだ、二次試験前なので、合格してないのですが、
一次試験を通過して、ニコニコと試験の内容を話す三男を見ていて、「あ〜、良かったな~」と嬉しく思いました。まだ合格していないけど、三男の笑顔で話す様子が、めっちゃ、こちらも幸せな気持ちになれたんです。

LINEで、一人暮らししている長男と次男に時々連絡をしますが、
「ん」「り」でもちろんOK👌
既読スルーの時は、忙しいのかな?とか、母さん何か嫌なこと言ったかな?とか思いますが、
既読すらつかない時は、何かあったのかな???と、めっちゃ心配になります。
子どもを信じて、そのうち既読がつき、「ん」と返ってくることを願い、ちょくちょく確認します。
でも子どもには、そんな不安や心配は、みじんも感じさせないようにします。私が心配しているなんて、子どもからしたら、考えたくないかなと思うから。

出来ることなら、統合失調症の長男とうつ病の次男が、嬉しそうに楽しそうに幸せそうに、大変なことも含めて笑顔で満足気に話してくれたら、
私には最高の幸せなん時間です。

子どもたちが、病気であるなしに関わらず、みんな幸せなることが、私の幸せのスタートかな。

どんな環境や状況でも、笑顔でいてくれたらいいなぁ

コメント