差し入れ

4月2日(火)
昨日の夜、アパートに帰ってしまっていた息子。
先週はそのまま様子見ていたけれど、薬は飲み忘れているらしいことが分かった以上放ってはおけない。

朝、仕事に行く前に朝ご飯とお昼ご飯を作って息子のアパートへ差し入れすることにした。

昨夜の電話の時に、「薬を飲みなさい!今すぐ飲みなさい!」とせかして「はいはい」とめんどくさげに電話のやり取りの最中に飲んだらしい音が聞こえたから、たぶん昨夜は飲んでいる。
そのせいか、朝7:00の電話にはすぐに出た。

今から朝ご飯差し入れするから玄関のドア開けといてというと、「ん、分かった。すぐ閉める」と。
もう~~~(#^ω^)
着いたらチャイムを鳴らして外に置いといてというので、言われた通りチャイムを鳴らしてすぐに部屋の前を離れる。

職場に着いてから携帯を見たら、lineに「ありがとう」と入っていた。
心の中に小さな灯がぽっとともった気がした。

小さな幸せ11
「ありがとう」の言葉

コメント

  1. pottin より:

    その言葉、小さいどころか、最高の幸せです!
    うちの息子も、ラインの返事はいつも”うん”、”わかった”がほとんどです。でも、仕事が終わらず帰宅が遅くなるとラインすると、たま〜に”頑張ってください”と励ましの言葉をくれます。
    私にはそれだけで滋養強壮剤3本くらいの効力がありますから。

    • 森の民 森の民 より:

      pottinさん、

      そうなんです!
      「ありがと」もうこの言葉で「よっしゃ!どんなに大変でもご飯の差し入れするゾ〜!」ってなりますね。
      pottinさんの息子さんの一言も支えになりますね。愛情こもってますね。優しい素晴らしい息子さんです。