減薬について主治医と話す

先日、久しぶりに息子の病院受診に付き添いました。

一緒に行くのは数か月ぶり。

そして、そこで初めて主治医にこれからの減薬の方向性について聞いてみました。

息子は、エビリファイ24mg+リスペリドン4mgを約4年間内服し続け、昨年の5月にエビリファイ12mg+リスペリドン4mgとなりました。

私自身はすぐに減薬したいと思ったわけではないんですが、最近息子の不安感が強くなっている気がしていて。その原因がエビリファイにあるのではないかなと思ったんです。

エビリファイは少量で不安感が出ることがあるという話もネットで見かけたりもしたし、入院してエビリファイを少量からスタートしたころ不安が強くなっていたので、もしかして息子にはエビリファイは合っていないんじゃないかな?とずっと思っていました。

さらにリスペリドンは、発症して半年ほどの頃から開始されていて、内服してからそわそわ動かなくなりくったりと寝るようになったからその時は良かったけれど、最近息子が薬を飲むと眠くなると言っていて、それはもしかしてリスペリドンのせいなのかな?と感じました。

それらの話をすると主治医は、エビリファイが少なくなったから不安になるっていう話は聞いたことが無いし、リスペリドンも2mgだと会社員が朝飲んで行くくらいの少量だしと首をかしげていました。

息子は、「俺は別に不安になってないから!」と言うし。

私は、例えばエビリファイをほかの薬に変えるというのはどうでしょうか?と聞くと、余程の副作用がない限り、エビリファイから他っていうのはなあ~と、変薬には消極的。

そもそも最初の減薬までに4年もかけているのだから、次をすぐにとは思いませんが、先生としてはいつ頃を目安に考えていますか?と聞くと、まあ、大学にいる間は今のままでいいんじゃないかな。と。

あと3年か…

うちの息子の減薬のペースはとてもゆっくりのような気がするけれど、再発はさせたくないから。

焦らない焦らない

 

コメント