重なるときは重なるんだよね

スポンサーリンク

以前にも、いろいろと重なったことがあったけれど、今回はというと、
息子の再発に気が付いたのが木曜日の夕方。
8日金曜日に精神科クリニックの主治医ではない医師に紹介状をかいてもらい、入院の手はずを整えたけど入院はできず、
9日土曜日に私一人で主治医の診察を受けて状況を説明し、リスペリドン水薬を処方してもらう。
土日はなんとか自宅に連れて帰り、日曜日は他の子どもたちとカラオケ
土日は、たぶんリスぺリドン6mg~8mgは飲めている。
11日月曜日は病院受診、以外と良い状態だということで入院は見送られる。受診の際に水薬入りドリンク渡してある。
12日火曜日と13時水曜日は夕方水薬入りドリンク差し入れし、たぶん飲んでる。
14日木曜日は様子を見ることにしたが、何もしないことに対してやっぱり不安になり、ドリンク差し入れのみした。
15日金曜日は何もしなかった。薬は飲んでいる気がした。

とまあこんな再発真っただ中の、8日金曜日、実家の母が転倒して骨折しました。
実家の母は認知症で入院を嫌がり、仕方なく父が自宅に連れ帰り看護することに。
母は中途半端な認知症なので、色々なことを理解しているけれど、物忘れだけが酷くなっていて、トイレに行ったことを忘れてなんどもトイレへ行きたがったりします。右肩骨折で固定されているから、ズボンの上げ下ろしなど父が行わなければならず、右肩腱断裂している父は痛みが悪化。夜もほとんど眠れなくなっていたようです。
けれど、私は息子の再発のため、実家に帰省するわけにもいかず。
そしたら15日の金曜日の夜中、母が自宅のベットからずり落ちて、父がそれを元に戻そうとしてぎっくり腰になってしまいました。
16日の土曜日の朝、父から電話がありました。あまりの腰と肩の痛さに、母を一人で家に置いて病院受診したそうです。もう限界だと嘆いていました。
そこで、長男大地に再三着信を入れたところやっと電話が通じたので、祖母が入院することを伝え、今から田舎に行くけど一緒に行くかと聞くと、即効「行く!」と。
なので、16日土曜日から17日日曜日まで、私と大地は田舎の祖父母宅に行ってきました。

私としては、これを口実に息子の様子を間近で観察することができます。
妄想はどうなった?幻聴は聞こえる?薬の副作用は出てない?などなど。。。

つづく

小さな幸せ
②孫たちからお見舞い

統合失調症との日々
スポンサーリンク
子どもが統合失調症になった!母の日々

コメント